プログラム・日程表

招請講演 10月20日(土)
「優しさ溢れる未来のために」
菊池 桃子 氏(女優・戸板女子短期大学 客員教授)
菊池 桃子 氏(女優・戸板女子短期大学 客員教授) 1984年芸能界デビュー。
幅広い芸能活動と一男一女の母として子育てを両立する傍ら、2012年
3月法政大学大学院政策創造専攻修士課程修了。
その後、母校である戸板女子短期大学の客員教授としてキャリア教育の講義を担当している。
研究分野は「雇用政策を踏まえた人々のキャリア形成」
著書に「午後には陽のあたる場所」(扶桑社)がある。
会長講演 【10月19日】 
「胎児が母体の中で育つ不思議 〜妊娠と免疫の関わりなどを通して〜(仮題)
 新潟大学医歯学総合病院 総合周産期母子医療センター 教授 髙桑 好一
特別講演 1【10月19日】
「子どもを守るための予防接種 ─母親ができること─
 新潟大学大学院医歯学系 小児科学講座 教授 齋藤 昭彦
特別講演 2【10月20日】
「妊娠中の広汎子宮頚部摘出術(仮題)
 新潟大学大学院医歯学系 産科婦人科学講座 教授 榎本 隆之
教育講演 1【10月19日】
「LGBTと医療」
 岡山大学大学院 保健学研究科 教授 中塚 幹也
教育講演 2【10月19日】
「母性衛生の途上国への新たな国際展開」
 大阪大学大学院医学系研究科 保健学専攻 教授 大橋 一友
教育講演 3【10月19日】
「不育症診療の現状と課題〜さらなる妊娠予後改善にむけて
 神戸大学大学院医学研究科 地域医療ネットワーク学分野 特命教授 出口 雅士
教育講演 4【10月19日】
「CTGモニタリング:なぜそうなる?を考えながら、管理しよう
 独立行政法人 三島総合病院 院長 松田 義雄
教育講演 5【10月20日】
「産後から始まる骨盤ケア」
 福井大学医学部 産科婦人科学 教授 吉田 好雄
教育講演 6【10月20日】
「高年初産婦に特化した子育て支援ガイドラインに則った看護ケア」
 千葉大学大学院 看護学研究科 教授 森 恵美
教育講演 7【10月20日】
「母児の予後を見据えた望ましい多胎妊娠管理」
 大阪府立母子医療センター 産科部長 石井 桂介
シンポジウム 1【10月19日】
「母性医療と国際貢献」
シンポジウム 2【10月19日】
「妊娠高血圧症候群と周辺疾患を考える」
シンポジウム 3【10月20日】
「産科混合病棟を考える」
シンポジウム 4【10月20日】
「リプロダクティブ・ヘルス・ライツを考える」
シンポジウム 5【10月20日】
「要医療支援児とその家族を支えていくために」
ワークショップ【10月19日】
「これからの産後ケア」
市民公開講座 1【10月19日】
「性感染症を予防しよう」
市民公開講座 2【10月19日】
「遺伝医学の進歩と母性医療」
ハンズオンセミナー【10月19日】
「超音波実践講座」