演者・座長の皆様へ

演者・座長の皆様へ
演者の方へ
発表データ受付
日時:2019 年2 月2 日(土)7:15 〜 17:00
場所:4F ホワイエ
発表形式
1) 主  題 9分(発表6分、質疑応答3分)
一般演題 8分(発表5分、質疑応答3分)
1例報告7分(発表4分、質疑応答3分)
シンポジウム 1演題発表10分、総合討論40分
※時間厳守でご発表ください。
2) PowerPoint によるPC プレゼンテーションのみといたします。
  画面サイズは16:9です。プロジェクターは会場内に各1台、正面投影のみといたします。
3) 当日発表に使用するパソコンはWindows 10です。
  PowerPoint 2010、2013、2016に対応いたします。
  Macintosh ならびに動画がある方は、PC 本体をお持ち込みください。
  電源ケーブル、ミニ D-sub15ピン変換コネクタ、バックアップデータも併せて
  お持ちください。
4) 発表時のスライドの送り(戻り)は、演台上に設置してある送りボタンで操作して
  ください。レーザーポインタも演台上に用意してあります。
5) 直前の演者と入れ替わりに次演者にご着席ください。
  PC 持ち込みの場合は、発表予定時刻の30分前までにオペレーターにお渡しください。
発表データ受付方法
1) ご発表の60分前(朝一番のセッションは20分前)までにPC 受付にてデータの登録
  ならびに出力確認を行ってください。
   PC 持ち込みの場合も必ずお立ち寄りの上、出力チェックをしてください。
2) メディアをお持ち頂く方
  ①使用するフォントは文字化けを防ぐために下記フォントを使用してください。
   日本語: MS ゴシック、MSP ゴシック、MS 明朝、MSP 明朝
   英 語:Century、Arial、Times New Roman
  ②静止画、動画(Windows Media Player で再生可能であるものに限定いたします)、
   グラフ等のデータをリンクさせている場合はPowerPoint データと同じフォルダに
   保存し、事前に別のパソコンで動作確認を行ってください。
   動画がある場合は、なるべくPC 本体をお持ち込みください。
  ③発表データはUSB フラッシュメモリかCD–R に保存してお持ちください。
  ※CD–R にデータをコピーされる場合、ファイナライズ(セッションのクローズ)作業を
   必ず行ってください。
   ファイナライズを行わなかった場合、データを作成したPC 以外で開くことが出来なく
   なります。
  ※Macintosh 版PowerPoint で作成したデータをメディアで持ち込まれる場合、互換性が
   損なわれる場合がありますので、事前にご確認ください。
  ④作成したデータのファイル名は「演題番号:氏名」(例:I-01 東手太郎)として
   ください。
   お持ち込みになるメディアは事前にウイルスチェックを行ってください。
  ⑤お預かりした発表データは、講演終了後事務局が責任を持って消去いたします。
3) パソコン本体をお持ち頂く場合
  ①電源ケーブル、ミニ D-sub 15 ピン変換コネクタ、バックアップデータも併せて
   お持ちください。
  ②PowerPoint の自動プレゼンテーション、スクリーンセーバー、省電力設定は、
   予め解除しておいてください。
  ③音声出力や動画出力がある場合には、必ずデータ受付スタッフにお申し出ください。
  ④お預かりしたパソコンは、講演終了後に会場内のオペレーターより返却いたします。
掲載用抄録原稿の提出
全演題の抄録を日本手外科学会雑誌に掲載いたします。
抄録集に掲載された抄録から内容を修正された場合は、下記の要項にて準備の上、発表データ受付の際にPC 受付にご提出ください。
「 演題番号、演題名(和文のみ)、著者・共著者、著者・共著者所属、本文」の順に
 記載する。
抄録本文は全角500 字以内
データ(ワード、テキスト等)をCD–R かUSB フラッシュメモリにて提出する。
座長の方へ
1) 座長の先生は、担当セッション開始の15分前までに、会場最前列の次座長席にお着き
  ください。
2) 発表時間
  主  題:9分(発表6分、質疑応答3分)
  一般演題:8分(発表5分、質疑応答3分)
       1 例報告 7分(発表4分、質疑応答3分)

  ※時間厳守でお願いいたします。