会員ページはこちら

会長挨拶

新潟県臨床細胞学会

会長  榎本 隆之

この度、前会長であられる児玉省二先生より、平成28年4月1日付けで新潟県臨床細胞学会長の職を引き継ぐことになりました、新潟大学大学院医歯学総合研究科産科婦人科学講座教授の榎本隆之と申します。日本臨床細胞学会新潟支部改め新潟県臨床細胞学会の歴史は、昭和59年1月21日に全国28番目の支部として発足して以来、故竹内正七先生(新潟大学医学部名誉教授産科婦人科学)、田中憲一先生(新潟大学大学院医歯学総合研究科名誉教授産科婦人科学)両支部長、そして前会長の児玉省二先生(元新潟県立がんセンター婦人科部長)のご尽力により発展してまいりました。このことは、ひとえに会員各位の細胞診断学に対する熱心な修練・研究によることは勿論ですが、新潟県福祉保健部を初めとする関連行政機関、成人病予防協会、県医師会、各医療機関のご支援により研修の機会をご提供頂きましたことも大きな要因と感謝しております。

私の任期中には、平成30年9月に関東臨床細胞学会が新潟で開催される予定であり、新潟での細胞診熱がますます高まることと期待しております。また、私が専門とする婦人科領域に関しましては、私ども新潟県において「子宮頸がんワクチンの有効性と安全性の評価のための大規模疫学研究」をAMED革新的がん医療実用化研究事業の研究費を獲得して行っており、子宮頸癌を根絶していく研究・活動等を行うための素地が整っているとも言えようかと思います。

子宮頸癌をはじめとした各種領域での細胞診において、当該疾患に関するさらなる細胞診精度の上昇、各種検診の推進などを推し進めていく中で、本学会員のさらなる飛躍・レベルアップを通じ、ひいては県内の皆様方の健康維持に寄与できるよう努力して参る所存ですので、何卒宜しくお願い申し上げます。

平成28年4月1日
新潟県臨床細胞学会 会長
榎本隆之

事務局

新潟県臨床細胞学会 事務局
〒951-8510 新潟市中央区旭町通1-757
新潟大学大学院医歯学総合研究科 産科婦人科学 病理室内
TEL:025-227-2322
E-mail:jscc@med.niigata-u.ac.jp