プログラム

12時30分~ 新潟ITアワード開会式
12時35分~ ソリューション部門 公開プレゼンテーション

①株式会社ウイング     (Excel業務をWEBシステムにする「MagicLogic」)
②株式会社リアンビション  (介護業務向け 作業日報作成サービス「カイゴメモ」 )
③株式会社ジェーミックス    (社内システムの『どこでも化』を実現 )
④CryptoPlanet製作委員会    (ブロックチェーンを使ったゲームアプリケーション「CryptoPlanet」)
⑤スマートファクトリーシティin柏崎    (仕掛品トレーサビリティシステム「トレサビ」)
⑥ウイングアーク1st株式会社   (MESアプリケーション「MESOD」による製造現場の可視化実現)
⑦株式会社ネグプラン      (地域の工務店が抱える問題を解決する情報一元管理シス テム「connectors(コネクターズ)」 )
⑧Adam-i Ventures 株式会社    (インバウンド誘客に向けたデジタルマーケティングソリ ューション )

 

14時30分~ ビジネスイノベーション部門 公開プレゼンテーション

①株式会社トクサイ・奏風システムズ株式会社 「かざす」作業で完了するトレーサビリティシステム
②株式会社データドック 革新的技術によるデータセンターの新たな空調システムについて 
③ドコドア株式会社 ドコドアライセンス
④フラー株式会社 スマホアプリを活用した長岡花火のIT支援

 

15時35分~ システム構築力部門 公開 成果発表

①チームマジシャン
②チームキントレンジャー
③チーム COFFEESHOP
④チームマジロジ

 

12時30分~16時 ビジネス創造アイデアコンテスト
(10月19日(金)12時~16時、セミナー会場B脇にポスターが掲示されます。)

新潟県立国際情報高等学校
新潟工科大学
新潟大学
新潟大学大学院

 

審査員

大串 葉子 椙山女学園大学 現代マネジメント学部教授
木内 里美 特定非営利活動法人 ビジネスシステムイニシアティブ協会 理事長
竹内 義晴 特定非営利活動法人しごとのみらい 理事長/サイボウズ株式会社
贄 良則 ジャスミンソフト 代表取締役社長
中村 秀剛 リプレスト株式会社 代表取締役(東洋大学非常勤講師、中小企業診断士)
渡辺 幸三 有限会社ディービーコンセプト 代表取締役
渋谷 修太 フラー株式会社 代表取締役CEO
上松恵理子 武蔵野学院大学准教授・東京大学先端科学技術研究センター客員研究員
杉本 等 事業創造大学院大学教授
横山 淳 新潟大学 地域創生推進機構 産学官連携リサーチコーディネーター
高橋 弘毅 長岡技術科学大学 情報・経営システム工学専攻 准教授
青木 龍雄 ITコーディネータにいがた 代表幹事
梅田 弘之 株式会社システムインテグレータ 代表取締役社長
大串 葉子 椙山女学園大学 現代マネジメント学部教授
木内 里美 特定非営利活動法人 ビジネスシステムイニシアティブ協会 理事長
竹内 義晴 特定非営利活動法人しごとのみらい 理事長/サイボウズ株式会社
贄 良則 ジャスミンソフト 代表取締役社長
中村 秀剛 リプレスト株式会社 代表取締役(東洋大学非常勤講師、中小企業診断士)
渡辺 幸三 有限会社ディービーコンセプト 代表取締役
渋谷 修太 フラー株式会社 代表取締役CEO
上松恵理子 武蔵野学院大学准教授・東京大学先端科学技術研究センター客員研究員
杉本 等 事業創造大学院大学教授
横山 淳 新潟大学 地域創生推進機構 産学官連携リサーチコーディネーター
高橋 弘毅 長岡技術科学大学 情報・経営システム工学専攻 准教授
青木 龍雄 ITコーディネータにいがた 代表幹事
梅田 弘之 株式会社システムインテグレータ 代表取締役社長

なお、審査員は同じ所属および関連会社の審査は行いません。

応募資格

部門 対象
ソリューション部門
新潟県内に拠点を置く企業・団体、または県内在住の方で、10月19日開催の新潟ITアワードにおいて企業または本人が携わった事例を発表できる方。
ビジネスイノベーション部門
システム構築力部門
代表者が新潟県在住または新潟県出身のエンジニアのチーム(最大4名まで)で、10月19日開催の新潟ITアワードにおいて公開でデータモデリング、システム実装を行い、出来上がったシステムの発表ができる方。
ビジネス創造
アイデアコンテスト
代表者が新潟県在住または新潟県出身の(大学・高専・専門学校)(※)で、10月19日開催の新潟ITアワードにおいて、ポスター掲出エリアでアイデアの説明ができる方。 ※研究室(OBを含む)、共同研究機関、指導先生などの許可を得て応募することも可能とする。
部門 対象
ソリューション部門
ビジネスイノベーション部門
新潟県内に拠点を置く企業・団体、または県内在住の方で、10月19日開催の新潟ITアワードにおいて企業または本人が携わった事例を発表できる方。
システム構築力部門
代表者が新潟県在住または新潟県出身のエンジニアのチーム(最大4名まで)で、10月19日開催の新潟ITアワードにおいて公開でデータモデリング、システム実装を行い、出来上がったシステムの発表ができる方。
ビジネス創造
アイデアコンテスト
代表者が新潟県在住または新潟県出身の(大学・高専・専門学校)(※)で、10月19日開催の新潟ITアワードにおいて、ポスター掲出エリアでアイデアの説明ができる方。 ※研究室(OBを含む)、共同研究機関、指導先生などの許可を得て応募することも可能とする。

スケジュール

スケジュール

参加費

無 料
(なお、新潟ITアワードの各部門に参加する団体または個人から各1名を表彰式&レセプションにご招待いたします)

副 賞

Section
01~03部門
最優秀賞(1組) ・・・・10万円
優秀賞(1組)・・・・・・5万円
奨励賞(1組)・・・・・・3万円
Section
04部門
最優秀賞(1組)・・・・5万円
優秀賞(1組)・・・・・3万円
奨励賞(1組)・・・・・1万円

審査方法

部門 対象
ソリューション部門
一次審査 9月下旬 審査員による書類審査
二次審査10月19日(金)会場内で一次審査通過者によるプレゼンテーションを審査員が評価し決定。
ビジネスイノベーション部門
システム構築力部門
10月19日(金)会場内でシステム構築を実践し、その品質、機能数を審査員が評価し決定。
ビジネス創造
アイデアコンテスト
事前審査 10月12日(金)までに実行委員会で選考
10月19日(金)会場内で掲出されるポスターを閲覧した一般参加者の投票により決定。
部門 対象
ソリューション部門
ビジネスイノベーション部門
一次審査 9月下旬 審査員による書類審査
二次審査10月19日(金)会場内で一次審査通過者によるプレゼンテーションを審査員が評価し決定。
システム構築力部門
10月19日(金)会場内でシステム構築を実践し、その品質、機能数を審査員が評価し決定。
ビジネス創造
アイデアコンテスト
事前審査 10月12日(金)までに実行委員会で選考
10月19日(金)会場内で掲出されるポスターを閲覧した一般参加者の投票により決定。

応募方法